スタディサプリ活用方法 小学4年生の家庭学習<上の子>

スタディサプリ小学講座は算数の先取り学習に最適!小6の夏までに極める

小学生の子供に算数の先取りをしてもらいたいけれど、スタディサプリっていいのかな?

高校・大学入試を見越して算数→数学をどんどん先取りしていこうと考える方が増えてきましたね。

そんな時に悩むのが、

・算数の先取り学習は本当にメリットばかりなのか、デメリットはないのか

・どんな教材を使って先取りするか

・先取りに適した(子供の能力に合った)問題集選び

・いつまでに何学年進むのか

・躓いた時の対処法

というこではないでしょうか。

 

うちの子供も小4から算数の先取り学習を始めましたが、同じようなことをよく悩んでいました。

そこで今回は我が家が行ったスタディサプリを使った算数の先取り方法を紹介したいと思います。

この記事は、

 

ポイント

・公立中学校に進学予定の子(中学受験をしない)

・学校の教科書よりもちょっと上のレベルの問題を解きたい(特殊算は軽く触れる程度)

・小6の夏頃には小学校の算数を終わらせ、中学数学の先取りに入りたい

 

と考えている方向けになっています。興味のある方は是非最後まで読んで下さいね。

 

\ 12か月一括払いで月額980円になるキャッシュバックキャンペーン中 /

スタディサプリ公式HP

 

 

 

算数の先取りを始めた理由

うちの上の子は、小4の7月から算数の先取り学習を始めました。中学受験をする家庭だと幼児期から先取りし、4年生ぐらいには小学校の内容は終了している子が多いのでかなり遅いスタートです。

でも我が家は中学受験をする予定はなかったので低学年の間はかなりゆったりした学習をしていました。

じゃあどうして先取り学習を始めたかというと、

・算数の授業の質が担任によってばらつきがあった

・塾なしで高校受験をする可能性があったので、中3になる前に中学数学を終わらせたかった

という理由からです。

 

算数先取りのメリット・デメリット

実際に算数の先取り学習をやってみて感じるメリット・デメリットを紹介します。

 

メリット

・学校の授業が分かりやすくなる(難しい、分からないかった・・・と感じることがない)

・家庭学習で先取りし、少し時間がたって忘れかけている頃に授業があるので復習になる

・テスト前に焦って勉強する必要がない。基本ノー勉強、親も特別みてあげなくてもいい。

・授業が分かるので挙手発言ができる

・先取りをしていることで自信が持てるようになり、友達からも一目おかれるようになる

・風邪で何日か学校を休んでも進度を気にする必要がない

・学校で教えてもらわなくても勉強は自分でやるものだと思うようになる

 

デメリット

・何単元か先に進むまで「学校の単元+先取りの単元」を両方進めていく必要があり、子供に負担がかかる

・分からない時は親が丁寧に教えてあげなければいけない

・順調に進むようになるまでは子供のモチベーションが上がらないことが多い

・授業が簡単で疲れている時はぼんやりしてしまうことがある

 

実際に先取り学習をやってみると、ペースを掴むまでは大変ですがそれを乗り越えたらメリットの方が多いなと感じています。

特に学校の算数はノータッチ(親)でいいのが楽。

よく先取りしていると「あ~これ知ってる!」とか授業を真剣に聞かなくなる言われていますが、最初に「先取りをしていても先生やお友達の話をよく聞くように」「先取り学習は解き方を理解するもの、学校の授業は先生や友達と一緒に概念や考え方を学ぶもの」と伝えてあるので積極的に参加しているようです。

ただ上の子は元々注意力に問題がある子なので、疲れていたり気になることがあるとぽけーっと空想の世界に入ってしまうみたいです。これは先取りしていてもしてなくてもそういう性格なのでね。まぁ、分からなくなることはないのでやっていて良かった先取り学習なのかもしれません。

 

スタディサプリを使った先取り学習の方法

小学生の子どもに算数の先取りをしてもらおうと思い、いろいろな通信教育や教材を調べた結果、我が家はスタディサプリを使うことに決めました。

 

何故なら、スタディサプリは税込み月1,815円(12か月一括払いの月あたりの金額)で小4~高校まで全ての授業が見放題だったから!

 

 

こんな低価格で先取りできる教材はありません。またスタディサプリは他の通信教育のように決まった月に決まったものを進めるのではなく、自分の好きなペースでどんどん先取りできるのが魅力です。つまり子供の能力に合わせて進めることができるのです。

 

\ 無料体験14日間できます /

スタディサプリ公式HP

 

ペース配分

 

うちの上の子はごく普通の子なのでペース配分には気を付けました。

ただただ知識を詰めていくだけの先取りにならないように、ゆっくり確実に基礎を積み重ねるようにしました。

ポイント

①先取り学習スタート(学校の授業と同じ単元から):小4・7月

②小4算数終了:小4・1月の終わり

③小5算数スタート:小4・2月(小5の内容を進めつつ、計算だけ小6の範囲を終わらせる)

④小5算数終了:小5・8月

⑤小6算数スタート:小5・9月(小6の計算以外)

⑥小6算数終了:小5・2月

⑦スタディサプリ応用(特殊算を除く小5・小6の内容)スタート:小5・2(←現在ココ)

⑧スタディサプリ応用(特殊算を除く小5・小6の内容)終了:小6・4月(予定)

⑨スタディサプリ 中1 数学スタート:小6・5月(予定)

2

 

先取りのポイントは平日はゆっくり、土日や長期休暇はペースを速めることですね。

あとは小5の内容で少数・分数が出てきた時に小6で出てくるかけ算・割り算まで終わらせたことですね。

これ地味にやって良かったなと思っています。少数・分数の四則計算までできないと解けない問題が多いですし、計算が淀みなくできるようになると、他の単元の理解も早くなります。

ただ分数のわり算は少し難しいので、いつやり始めるのか注意が必要ですね。低学年でも理解できる子もいれば、高学年でも怪しい子もいると思います。うちの場合、小4は無理だけど小5なら問題ありませんでした。

 

算数の先取りはスタディサプリ+市販の問題集で!

算数の先取りはスタディサプリ+市販の問題集を使っていました。

 

step
1
スタディサプリ 算数(基礎)を1日2~3チャプター見る

先取りしたい学年と単元を選んで視聴します。

 

step
2
1単元終わるまで1を繰り返し、スタディサプリの確認テストを解く

確認テストの問題は基本的なものばかりです。

間違えた問題はチェックして、できるようになるまでやり直してもらいます。

 

step
3
教科書ぴったりトレーニングの練習問題を解く

created by Rinker
¥1,364 (2021/05/15 04:38:03時点 楽天市場調べ-詳細)

スタディサプリは分かりやすい動画ですが問題数は少ない(ほとんどない)ので、ここで教科書レベルの問題集を挟みます。

我が家は教科書ぴったりトレーニングを使っていました。

 

step
4
小学 標準問題集を解く

created by Rinker
増進堂・受験研究社
¥1,100 (2021/05/15 05:04:54時点 Amazon調べ-詳細)

教科書ぴったりトレーニングは基本的な問題しかなく、これだけでは演習量が足りないのでさらに問題集を2つ用意しました。

6年の内容の時は小学 標準問題集を使っていました。

 

step
5
ハイクラスドリル 算数  を解く

2つめはハイクラスドリルです。

 

教科書ぴったりトレーニング+発展的な問題集1さつだと演習が少ないなぁと感じたので、プラスする問題集は2冊(標準問題集+ハイクラスドリル)にし、被っている問題などは省いて解いていました。

あと学年によってプラスする問題集は変えていました。小4~小5ではハイクラステスト使っていました。

 

小学 標準問題集・ハイクラスドリル・ハイクラステストには教科書の内容よりも難しい問題が出てきます。そんな時はスタサプの応用を視聴するといいですよ。

 

step
6
教科書ぴったりトレーニングの確かめテストを解く

90点以上で次の単元へ進みます。

 

問題集はお子さんのレベルに合ったものを選ぶのがポイントです。

でもあまりにも難しすぎるものを選ぶと子供の負担が大きくなるので、最初は簡単な物を用意した方がスムーズに進むでしょう。

 

先取り学習で躓いたら・・・

先取りで算数を進めていると、いまいち理解できていないなぁ~、と壁を感じることってよくありますよね。

うちも小4~でいえば、面積の計算・単位量あたりの大きさ・割合・速さ・比、この辺で進みが悪くなりました。

躓く所は子供によって違うのでなんとも言えませんが、

 

・そもそも概念が理解できない

・計算力が足りない

・他の単元が理解できていない

 

この辺りが当てはまることが多いのではないでしょうか。計算力や他の単元が理解できていなければそれを補強する。

そもそも概念が理解できなければ、何度か繰り返し説明する→それでも理解できなければ飛ばして先に進む(飛ばしても先で困らない単元なら)or今までの単元の復習をする。そんな感じで寝かせて、1~2か月後に再びやってみるとするっと理解できることが多かったです。

子供の理解できてない所を分析し、その時に合った学習方法を模索していくしかないのかもしれません。

 

スタディサプリは低価格で先取り学習にぴったり!

 

スタディサプリなら自分のペースで算数の先取りができます。

さらに!全教科・全授業が見放題なので、小学校の算数が終われば中学数学→高校数学とどんどん学年を遡ることだってできます。

他の通信教育だと、小4の4月に1学年上の小5の内容・・・と単元やペースを選ぶことができませんが、スタディサプリだと細かく自分に合わせることができるのがメリットですね。

それ以外にも英語の先取りにも使えますし、当該学年の復習にもぴったりですよ。

中学以降もスタディサプリがあれば塾なしで勉強できそうです。

 

管理人
スタディサプリって子供に合うかな?

 

スタディサプリには14日間の無料体験があるので実際に試してみるといいですよ。

お子さんが気に入ったものを選ぶと失敗が少なくなります。

 

\ 12か月一括払いで月額980円になるキャッシュバックキャンペーン中 /

スタディサプリ公式HP

 

スタディサプリ小学講座の進め方!成績を上げる5つのポイント。

スタディサプリ小学講座に興味があるけれど、どのように使えばいいのかな?と悩んでいる方いませんか? ス ...

続きを見る

スタディサプリの英語で先取り学習!小学生に効果がある使い方は?

スタディサプリの英語って小学生でも使うことができるかな? 2020年から小学校で英語が教科化され、2 ...

続きを見る

スタディサプリ小学国語は読解問題が苦手な子におすすめです!

小学5年生の上の子、スタディサプリ小学講座で国語の勉強を始めることにしました。 今までスタディサプリ ...

続きを見る

こちらの記事もよく読まれています

-スタディサプリ活用方法, 小学4年生の家庭学習<上の子>

© 2021 まちこの節約日記 Powered by AFFINGER5