小学生のおうち英語

【英語の早期教育って必要なの!?】今やらなくていつやるの?~考えが180度変わったきっかけ~

こんにちは。今日も「まちこの節約日記」に訪問して下さり、ありがとうございます。

今、ものすごく悩んでいることがあります。

あまりに悩みすぎてハゲそうなので、このブログに書くことで自分の頭の中を整理してみようと思います。

悩んでいるのは、「子供たちの英語」について。

 

英語の早期教育に興味がなかった理由

ある地方に住んでいる我が家。

私たち夫婦は大学受験英語まではやってきましたが、仕事では全く英語を使わなかったので英語を話すことはできません。そして今現在もその必要性を感じていません。(夫は少しあるかもしれないけれど)

友人の中には、帰国子女・有名外国語学部卒なのに日本で専業主婦の子もいますし、逆に英語が苦手だったけれど、海外で仕事をし、そのまま結婚・出産している子たちもいました。

だから、英語は使わなければ意味がないし、自分がやりたいと思った時に始めても(苦労はするけど)遅くはないのでは?と思っていました。

受験英語ぐらいは勉強すればできるだろうし・・・

あとは、何でも親がお金や時間をかけて環境を与えてあげるよりも「必要と感じるのなら1つぐらい自分で苦労して習得するものがあってもいい」

それは我が家では「英語」なんだと。

そんな考えと自分が教えることができないため、英語の早期教育に全く興味がなかったのですが、ここ1~2年ぐらいで考えが変わってきました。

 

待ったなしの大学入試改革「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能評価を導入

英語は中学スタートでもいいのでは?と思っていたのですが、ここ1~2年で考えが変わってきました。

一番大きな理由は大学入試改革です。

今から始めれば何とかなるはず。今後この大学入試改革がどうなるのか分かりませんが、制度が変わるのならこちらのやり方も変えるしかありません。

 

英語の教育格差。怖いのは子供が自信をなくしてしまうこと。

このような大学入試改革の関係か、上の子のお友達の中でも英会話教室に通っている子が数名います。

そんな英語を習っているお友達と子供のやり取りを見ていて感じたことが。

それは、「英語ができる」という自信があるかないか。

小学校でも3年生から英語の授業が始まり楽しく受けている上の子。発言もたくさんしているようです。

ただ、このぐらいの年齢になるとお友達同士の「できる」「できない」の小さいマウンティングも発生してきます。

そのことがきっかけで、「英語はよく分からないもん・・・」と自信をなくしてしまった時がありました。この「自分は分からないから」と苦手意識を持ってしまうのが一番怖い。

正直、大人から見ればちょっとやれば追いつくレベルなんですけどね。

子供にとっては大きな壁なのかもしれませんし、時間が経てばたつほどその格差は広がっていくかもしれません。

 

始めるなら今しかない!?中学受験をしないのなら小学生の間が一番時間がある

子供が小学3年生になって感じるのは、小学生って忙しいなということ。

下校時間が遅くなり、習い事も増え、交友関係も広がってきました。

そして自分の過去を振り返ってみると、その後の中・高時代がもっとも忙しかったイメージです。平日の部活・土日の遠征、塾通い、3年スパンの受験。かなりハードです。

我が家の子供たちも中学受験をしないので、そのまま行くと私と同じ高校受験→大学受験のコースになる予定。

そうすると、一番自由な時間があるのは小学生の間だけかもしれない!!

もう、そう考えたら今すぐにでも始めなければ!とそんな気持ちになってしまって・・・(極端な性格です)

ここ1~2か月ぐらいの間、自分も少し英語の勉強をしつつ、子供たちへのかけ流しも行ってきました。

その様子を書こうと思ったんですけど、長くなったので続きは次回に。

英語が得意な人には、「とんちんかんな人だな」と思われているでしょう(笑)

でもここまできたら、勢いに任せて突き進むしかないな。そんな様子を笑いながら見守って頂けたらうれしいです。

こちらの記事もよく読まれています

-小学生のおうち英語

© 2020 まちこの節約日記 Powered by AFFINGER5