子供のこと 小学校入学準備

【年長】幼稚園から帰ってきた後の過ごし方について悩む。テレビの見せすぎには要注意

みなさん、子供が幼稚園から帰ってきたらどのように過ごしていますか?

習い事に行ったり、公園で遊んだりしている子が多いですよね。

でも意外に、近所に同年代の友達がないとか、下の子がいて外にいくのはちょっとな・・・と、幼稚園から帰った後どのように過ごすか悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

我が家の下の子は今年年長さんです。そう、うちもどのように過ごそうか悩んでいるのです。

 

年長の下の子、帰宅後の過ごし方に困っています

今年年長の下の子。幼稚園生活もあと半年になりました。

最近困っているのは、幼稚園から帰ってきた後の過ごし方です。

昨年までの過ごし方は、

・週2回習い事

・近所のお友達と公園または家で遊ぶ

・疲れていたらお昼寝

・上の子と遊ぶ

・母とトランプやかるた

・テレビ

・上の子と一緒に勉強

という感じで過ごしていました。

今年は、近所のお友達が小学校に入学したり、お引越ししたりで遊べる人が減ってしまいました。

さらに、上の子も3年生で帰宅時間が遅い、幼い遊びに付き合うのが退屈になってきた、私も役員関係で忙しい・・・

など理由が重なり、いけないと分かっていてもテレビを見て過ごすことが多くなってしまいました。

 

夕方テレビを見る習慣をやめたい

夕方、家事で忙しい時のテレビって本当に楽で、上の子が小さいころからお世話になっていました。特に、NHKはよく見てたんですよね。

でも、小学校に入ってからはこの習慣が問題になってしまったんです。

家に帰ってきておやつを食べ終わると、「ちょっと休憩しながらテレビが見たい」と言いだし、なかなか宿題をやりはじめない。

「〇時までね。終わったら宿題やるんだよ!」と言ってもなかなかテレビを消さない。

消したと思っても、今度は下の子が「もっと見たい!」と言ってごねる。

そんなやり取りを繰り返し、やっと最近上の子は、帰宅後「テレビが見たい」と言わなくなりました。

今、下の子がテレビを見ているのは、上の子が学校から帰ってくる前とか習い事で家を空けている時なんですけど、やっぱり一度見始めるとなかなか止められなくて困っています。

できれば、幼稚園のうちにこの習慣をやめたい。

そう思って、私と下の子の過ごし方を見直そうと考えはじめました。

テレビやゲームって悪いものではないし、付き合い方次第だと思います。でも、一度ついた習慣を修正するのは本当に大変です。

なぜ、テレビをこんなにも見させてしまったんだ!っと若干後悔しつつ・・・

下の子にとって良い過ごし方を考えたいと思います。

 

幼稚園から帰ってきた後の過ごし方(年長~卒園まで)

※追記

早いものでこの記事を書いてから半年が過ぎました。

ここで登場した下の子はもう小学生です。びっくり!!

下の子が幼稚園に通っていた時は、帰宅後何をしたらいいの分からなくて持て余していました。そして、試行錯誤した結果以下のことをしていました。

 

1.週3回の習い事

本人の希望で習い事の回数を増やしました。習い事の数は2つですが、そのうち1つを週2にしました。

習い事をどのぐらいやるかは家庭によって考えは様々ですが、うちの場合上の子はゆっくりスタート(年長~週1)、下の子はまぁ早めスタート(年少の終わり~週2)です。

子ども2人の習い事をみて感じるのは、早めにやり始めてもそれなりに楽しく力になる子もいれば、ゆっくりスタートの方がいい子もいます。そこは、親がよく子供の様子を見て判断した方がいいですね。

習い事に関しては別記事でも書いています。

スイミングは何歳から始める?子供が5年通って分かったこと

続きを見る

ハッチリンクジュニアでオンライン英会話の無料体験を受けました。感想と良かった所は?

続きを見る

 

2. 幼稚園の友達と公園で遊ぶ

年中さんまで遊んでいたお友達がいなくなり寂しくしていましたが、また別のお友達ができて結局公園でよく遊んでいました。

私も子供と公園に行くのも残りわずかだな・・・と思い、面倒だけと頑張って付き合っていました。幼稚園時代の公園遊びって貴重です。

 

3. 自転車の練習

年長さんの後半(年明け)ぐらいから、自転車の補助輪をとる練習をしました。

幼稚園から帰宅後、公園に行って2人で練習。

小学校に入学したら忙しくて自転車の練習なんてできないだろうと思い必死でした。なんとか乗れるようになって良かったです。

 

4. ひらがな・カタカナ・足し算・引き算の練習

気が向いたら小学校の入学準備としてひらがな・カタカナ・足し算・引き算の練習をしていました。もうすでにある程度できるようになっていたのですが、やらないと忘れてしまうので、本人のやる気のある時にやらせていました。

【小学校入学準備】勉強ってどこまでできればいいの?余裕を持たせたいならこの4つ

続きを見る

 

5. 子供一人で遊べることを用意する

幼稚園の役員や上の子の用事で忙しく、家にいても下の子の相手ができない時が多々ありました。そうすると、一人遊びが苦手な下の子は「テレビが見たい!」とか「つまんない」と騒ぎだすので、2人でどんな遊びだったら1人でできるか紙に書きだしてみました。

・お絵描き

・塗り絵

・折り紙

・パズル

・ブロック

・編み物

・縄跳び

・おもちゃのゲーム

 

このぐらいを書き出して暇だったらこれをやってみよう!と言っていました。本当はやれることがあっても、「何にもやることないもん!」と言うので、紙に書いてあげると「あっ、そうか・・・」と落ち着くことがよくありました。

 

6. 2人で遊ぶ時間も確保する

そうは言っても1人でずっと遊んでいるのもつまらないと思うので、少しは2人で遊べる時間を作っていました。主にやっていたのは、

・かるた

・トランプ

・ウノ

・すごろく

・オセロ

・お裁縫

・料理

 

こんな感じだったと思います。おもちゃで遊ぶのは母よりも上の子の方がいいようで、全く相手にされず(笑)寂しいわ・・・

 

結局、夕方のテレビ問題はどうなったの?

結局夕方のテレビ問題はどうなったかというと、少しづつ減らしていって今は30分か多くても1時間ぐらい。忙しいと全く見ない時もあります。

これは上手く減らせたというか、小学校に入学してから下の子の習い事がハードになり見る時間が取れなくなってしまったんです。まぁ、なんというか結果オーライみたいなことになっています。

上の子も下の子が見ないので帰宅後は読書か工作をしていることが多いです。

 

幼稚園の間にもっとやっておけば良かったと思うこと

子供たちが幼稚園に通っていた時は、帰宅後の時間が長く感じていました。でも2人も小学生になってしまうと、「小学生ってなんて時間がないんだ!」と感じてしまい、幼稚園の時にもっといろんなことをやっておけば良かったなと思うことが出てきました。

 

1.もっと外遊びをすればよかった

今の小学生って忙しいので外で遊んでいる子をあまり見かけません。

せいぜい新学期や終業式付近で下校時間が早い時には公園で遊んでいる子もいますが、普段は全然ですね。みな習い事が忙しかったり、忙しくなくても家でゲームとか。

うちの子供たちもお友達と遊ぶというと、やっぱり家になることが多いです。

そう思うと外でめいいっぱい遊べるのは幼稚園までなのかなと思います。本当にもっと外遊びをすればよかったな。

 

2.もっと読み聞かせをすればよかった

うちの下の子、本が好きではないので読み聞かせはあまりやってこなかったんです。

小1あたりから語彙が弱いなと感じ始めたのでもっと読み聞かせをすれば良かったなと感じています。

 

3.テレビを見せるなら英語の動画を見せればよかった

上の子が小3、下の子が年長の時に家庭で英語学習を始めました。 始めた年齢が遅かったのか、英語の動画を見るのを嫌がる(かたくなに拒否はしないけど、率先してみたいとは思わないし楽しくない)ので、年少もしくは2~3歳から日本語と英語のテレビを半々にしてこれば良かったなと思っています。

 

4. 遊びながら勉強できるものを取り入れれば良かった

アナログな母は、小さい子供にスマホやタブレットを与えてはいけないと思っていました。

でも今振り返ると、知育系のアプリなどを上手に活用すれば良かったなと感じています。

小学生になってから使っているワンダーボックスがその例ですね。デジタル×アナログなおもちゃを融合して子供も集中して遊んでいます。

机に向かったお勉強が苦手な子でも、遊びながら問題を解くことができるので幼稚園児におすすめです。

WonderBox(ワンダーボックス)ってどんな教材?メリット・デメリットを紹介します

続きを見る

最後に

子どもが幼稚園時代はあっという間に過ぎてしまいます。今でも子供たちは可愛いですが、幼稚園の制服を着て一緒に手を繋いで登園できるのも3年間だけ。

可愛いお子さんとめいいっぱい遊んでたくさんの思い出を作って下さいね!!

 

<小1の時にやって良かったこと>

小学1年生の勉強方法。やって良かったこと・学習時間・教材など

続きを見る

<チャレンジタッチを始めて勉強のやる気がアップしました!>

チャレンジタッチ2年生 8月号の口コミ。豪華付録で九九の暗唱もバッチリ!?

続きを見る

こちらの記事もよく読まれています

-子供のこと, 小学校入学準備

© 2020 まちこの節約日記 Powered by AFFINGER5