★習い事

【習い事】週1の練習では上達は遅いと思う

f:id:machikonosetuyaku:20191211133439j:plain

お子さんは、習い事を週に何回していますか?

最近の小学生は、サッカー・野球・スイミング・体操・そろばん・公文・ピアノなど、複数の習い事を掛け持ちしてしますよね。

我が家の子供たちはあるスポーツをやっているのですが、最近週1回の練習だけでは上達が遅いなと感じめました。

習い事の先生の言葉に共感

子供たちの習い事、スイミング以外にもう1つスポーツをやっています。

最近、少しステップアップして新たな課題に挑戦中ですが、なかなか上手くいきません。

先生からのアドバイスは、

「まずは①の動きが大切です。そして②に続き、最後は③や④もできるようになります!」

「でも、そこまで到達するには、コツコツ練習するしかないですね!」(ニコニコ~)

というもの。

私は心の中で、「そうですよね~」と頷くばかりでした。

①の動きは基本なんです。だいたいできるようになったので、今は①をやりつつ②にも挑戦中。ですが最初が完璧じゃないため上手くできません。

何故私が深く頷くかというと、私も同じことで悩んでいるからです。

過去にやっていたスポーツでも基礎の大切さは分かっていたけれど、何度も繰り返しているとフォームが体に刷り込まれ、それが当たり前になるんですよね。

また、私は大人になってから別のスポーツ(学生時代とは違うもの)を始めたため、基礎をしっかり身につけることの大切さを改めて感じています。

基礎が大切なのは無駄な動きをなくすため

スポーツにおいて基礎が大切なのは当たり前ですよね。小さいころに同じ動きを体に叩きつけると特に意識しなくてもその動きをスムーズに行うことができます。

この「意識しない」ということがとても重要です

どんな時でも正しいフォームで同じ動きができるようにならなければ、その後につながりません。意識してやっている時はまだまだ。

基礎がしっかり身に付くと無駄な動きが減り疲れなくなります。そして、相手の動きを見たり、試合の展開が読めるようになる・・・などスポーツの種類によって違いますが、その先に進むことができるようになります。

でも、最近は大人になってから基礎を体に叩きつけるのは本当に難しいなと感じています。

まず、若い頃のように体が動きませんし、変な癖も付きやすいです。

そして何よりもそこまで時間が取れません。大人でも週5で練習すれば身に付くと思いますが、そんなにできる人は少ないですよね。

やはり、運動能力が伸びる時期にコツコツと基礎を積み上げるのが、一番近道なのです。

勉強もスポーツも週1の練習では上達が遅い

さて、話を習い事に戻します。ここまで書いて何が言いたいかというと、

「勉強もスポーツも結局基礎が大切で、週1の習い事では上達が遅い」

ということです。

よく考えたら私も昔やっていたスポーツは、小学生の時は週3やってたんですよ。

中・高・大は週4~5回にプラス遠征。

子供たちのことで言えば、スイミングは週1よりも週2にした方が上達は早かったですし、下の子のスポーツは練習が週4~5回あるので、去年のレベルとは全然違います。

これはスポーツだけではありません。おうち英語も毎日かけ流し+オンラインレッスンを行うことで英語脳ができつつあります。

オンライン英会話も週1でやっていた時よりも週3~4回に増やした方がスムーズに取り組めていました。

やはり勉強もスポーツもある程度できるようになるためには、週1の練習では少ないですね。毎日でなくても週2~3回は練習した方が効率良く習得できるでしょう。

そう思うと、何個も習い事を掛け持ちするよりも「子供が好きで、ずっと続けられそうな習い事」を早めに見つけ、お金と時間をかけた方がいいのではないかと思っています。

-★習い事

© 2020 まちこの節約日記 Powered by AFFINGER5