小学5年生の家庭学習<上の子>

高校入試の過去問から学ぶ~内申の重要性と記述力~

こんにちは。今日も「まちこの節約日記」にお越し下さりありがとうございます。

1月中旬というと、私の中では来年度の学習計画を立て問題集を揃え始める時期です。

しかし今年は全く進んでいません。

通信教育の資料も請求してみたものの、ちょっと読んで放置。

そろそろ数学の問題集を揃えたいな~と思っても、2021年度から中学の学習指導要領が変わるので問題集も改定されるかも?(小学校の時は結構問題集が改定されたので)と、様子見ています。

上の子ももちろんですが、下の子の学習も悩んでいました。

 

そんな時、たまたま高校入試の過去問(住んでいる県)を手に取る機会があったので、入試の選抜方法と過去問を分析してみることにしました。※地域が分からないようにざっくりとした内容になっています。

 

高校入試の選抜方法。内申の重要性を再確認した

ちょっと気が早いですが、これから子供が登る山の全貌を知っておくことは大事です。

高校入試の選抜方法は知人から何度か聞いていたので理解していたつもりでした。

ですがじっくり読んでみると・・・

これは内申が取れないとまずいな!

上の子は性格的に内申が取れる子ではありません。かなりの確率で苦労すると思います。

そこは元々予想していて家庭でできることはやってきつもりなんですけどね。うーん、現実は厳しい。

 

ただ1点だけ良かったのは、塾が出している各学校の内申(ボーダー)が想像よりも低かったこと。

オール5に近い子もいれば、ボーダーぎりぎりの子もいるのかなぁ。楽観視できませんが。

 

高校入試の過去問を分析してみた

本屋さんで何度か過去問を見たことがあったのですが、うちの県の入試問題はそこまで難しくないなと思っていました。
今回5教科見てみた結果、やっぱり難易度は高くありませんでした。(点差が付かないから余計に内申が大事)

 

国語

5教科の中で1番簡単なのが国語ですね。意外と記述が少なくてびっくり。

 

数学

難易度の高い問題も少しありますが、基礎・標準レベルが半分ぐらいあります。

上の子の場合、ミスをしないかが一番重要かも。

 

英語

リスニング・長文・英作文がバランスよく出題されています。

リスニングは聞けないので分かりませんが、長文は今でも読めるぐらいの難易度。

予想外なのが英作文が結構多いことですね。

普段自分の考えを英語で書く練習をしていないと厳しいかもしれませんね。

 

理科・社会

理科・社会も予想以上に記述が多い。

単純な記号問題や用語を答えるのは少なくて、図・資料から読み取り自分の言葉で書く問題が多いですね。

 

内申と記述力

今後の課題は内申と記述力でしょう。

学習指導要領の変更に伴い高校入試の傾向が変わってくるかもしれませんが、ここが取れるか取れないかで大きく変わってくるのは確実です。

まず基礎・標準問題をしっかり押さえる。数学は応用問題まで対応できるようにする。

そして日頃から日本語も英語も書く練習を取り入れる。

そんな感じかな?

なんとなくやるべきことが見えてきたような気がします。

 

子供の通知表。差ができ始めるのは小学校3年生。

小学生の子供たちが通知表を持ち帰ってきました。 みなさん、小学校から渡される通知表って何が書かれてい ...

続きを見る

スタディサプリ小学講座の進め方!成績を上げる5つのポイント。

スタディサプリ小学講座に興味があるけれど、どのように使えばいいのかな?と悩んでいる方いませんか? ス ...

続きを見る

スタディサプリの英語で先取り学習!小学生に効果がある使い方は?

スタディサプリの英語って小学生でも使うことができるかな? 2020年から小学校で英語が教科化され、2 ...

続きを見る

小学4年生の勉強方法。中学以降も良い成績をとるために今からはじめたこと

小学4年生から学習内容が難しくなるって聞くけど、良い勉強方法はないかな? 小学4年生というと「10歳 ...

続きを見る

こちらの記事もよく読まれています

-小学5年生の家庭学習<上の子>

© 2021 まちこの節約日記 Powered by AFFINGER5